アトピーの場合もリプロスキンを使って問題ないのでしょうか?

 

最近は大人になってからアトピーを発症するケースが多いようです。子供のアトピーは関節の裏側などに集中して湿疹やかゆみの症状が出ますが、大人のアトピーは全身に症状が表れます。特に首から上に湿疹などが出ることも多く、メイクをする女性にとっては大きな悩みです。

 

また、大人のアトピーは子供のアトピーより治りにくいと言われます。改善と再発を繰り返すというパターンが多いのです。

 

こうしたアトピーの症状を持った方がリプロスキンを使う場合、公式サイトなどで含有成分がわかるので、まずかかりつけの医師に相談すると良いでしょう。

 

アトピーをはじめ肌質が敏感で弱く新しい化粧品を試すのが不安という方におすすめなのがパッチテストです。

 

アトピーの方などは医療機関でパッチテストを受けるとよいのですが、家庭でも簡単にパッチテストを行うことができます。その方法を紹介しましょう。

 

リプロスキンを二の腕など肌のやわらかい部分に塗ります。塗る範囲は10円玉ほどの大きさで十分です。24時間、そのまま放置して肌にかゆみや赤みがでないかチェックします。

 

もっと正確にテストしたいときは絆創膏とコットンなどを使ってリプロスキンがしっかり肌に密着した状態で48時間放置して肌の変化をチェックします。途中、入浴する場合はテスト部分がずれたりぬれたりしないようにビニールで腕を巻くなどして保護しておきましょう。

 

テスト終了直後は異常がなくても数時間後、あるいは翌日になって変化がみられるかもしれませんので、確認が必要です。

 

このようにアトピーなどの方がリプロスキンを使うときは使用前の安全性の確認をおすすめします。





カテゴリー : リプロスキンの詳細情報