リプロスキンは正しい使い方で毎日朝晩2回のスキンケアをすることで効果が期待できる化粧水です。リプロスキンの正しい使い方をまとめてみましょう。

 

使い方の基本となるリプロスキンを肌につけるタイミングは洗顔後です。メイクをしていた場合はメイクをしっかり落とした洗顔後です。

 

リプロスキンの使い方ですが、まず、リプロスキンを手のひらに振り入れます。使用量の目安は7振り~10振りです。

 

手のひらにリプロスキンを振り入れてすぐに顔につけるのではなく、両手のひらの体温でリプロスキンを温めます。これはリプロスキンの使い方の大きなポイントです。こうすることによってリプロスキンを肌につけたときの浸透力がさらにアップします。

 

次に、手のひらで温めたリプロスキンを顔全体になじませます。このとき、手のひら全体で肌を押さえるようにハンドプレスしていきましょう。リプロスキンを手のひらのあたたかさで肌にじっくり浸透させていくイメージでなじませるのです。そしてニキビ跡が特に気になる部分には2度または3度、リプロスキンを繰り返しつけます。

 

リプロスキンがしっかり肌になじんだら、ふだん使っている乳液など保湿力の高いスキンケア製品で保湿することを忘れないようにしてください。

 

最後に肌の保湿をして整える乳液や美容液を付けるのは、リプロスキンだけでは保湿力が不十分だからです。リプロスキンにも保湿成分が含まれていますが、乳液や美容液のサポートが必要です。肌に必要な水分を肌内部に閉じ込めておくためにしっかりこの最後の仕上げをしましょう。

 

これでリプロスキンを使ったケアはおわりです。とても簡単な使い方ですね。





カテゴリー : リプロスキンでにきび跡を撃退